ぷちっと役立つプチ情報☆

奈良いちご狩りであすかルビー食べ放題はここ!甘いイチゴの見分け方♪

スポンサードリンク

和歌山 御坊 いちご狩り

奈良であすかルビーをいっぱい食べるなら

ここで決まりでしょ♪

甘いイチゴを選ぶポイントも紹介します。

スポンサードリンク

奈良いちご狩りであすかルビー食べ放題♪

あすかルビーを30分間食べ放題♪

おすすめは「あすかいちご狩りパーク」です。

明日香村の14箇所もあるイチゴ農園で

いちご狩り当時にフレッシュな食べごろのあすかルビーのいちご農園に案内してくれます。

あすかいちご狩りパーク詳細

開園期間 1月9日(土)~5月29日(日)

開園時間 10時~16時(入園は15時30分まで)

開園日  2月9日(火)まで土曜、日曜、祝日

     2月10日(水)から土曜、日曜、祝日、水曜

予約   完全予約制 30分間食べ放題

あすかいちご狩りパーク予約受付係(8:30~17:00)

TEL 

0744-54-1115

料金   

1月9日~5月5日まで

大人(中学生以上)  1500円

小学生        1200円

3歳以上        800円

持ち帰り(100gあたり)150円

5月6日~5月29日まで

大人(中学生以上)  1100円

小学生         900円

3歳以上        600円

持ち帰り(100gあたり)120円

栽培 高設栽培

※温室内飲食不可

ベビーカー・車いす入場可

売店有り

飲食施設有り

住所  高市郡明日香村

アクセス 

【車の場合】

南阪奈道當麻ICより高田バイパス経由で30分

【電車の場合】

近鉄飛鳥駅より徒歩10分~30分

イチゴ狩りで奈良なら針テラスベリーファームもおすすめ

同じ奈良でも「あすかルビー」食べ放題はあります。

それは西日本最大級と言われる

針テラスベリーファーム」です。

ここでは

あすかルビーをはじめ、章姫やとちおとめも栽培されています。

針テラスベリーファーム詳細

開園期間 1月2日~6月

開園時間 

10時~16時(入園は15時30分まで)

4月以降の土日祝

10時~17時(入園は16時まで)

6月末まで予定休園日:無休

予約   完全予約制 30分間食べ放題

予約は、予約フォームまたは電話・FAXにて2ヶ月前より受付。

予約状況↓

針テラスベリーファーム予約状況

予約フォーム↓

針テラスベリーファームを予約する

電話

0743-82-1717

FAX

0743-82-1077

料金   

12月~5月まで

大人(中学生以上)  1700円

小人(小学生以下)  1500円

3歳以下        300円

6月

大人(中学生以上)  1600円

小人(小学生以下)  1400円

3歳以下        300円

栽培 高設栽培(土耕と水耕)

※温室内飲食不可

ベビーカー・車いす入場可

売店有り

飲食施設有り

住所  奈良市針町385 道の駅針テラス横

駐車場 無料(510台)

アクセス 

【車の場合】

名阪国道(国道25号線)針インターを出てすぐ

大阪市内より車で50分

名古屋市内より車で110分

神戸市内より車で90分

京都市内より車で80分

※車は、道の駅針テラスの駐車場へ。
入口は、針テラスの建物2階にあります。

【電車の場合】

近鉄榛原駅よりバスで30分「針インター」下車すぐ

イチゴ狩りのポイント

おいしいいちごの見分け方のポイントは次の4つです。

・ヘタのところまでしっかり赤くなっていて、表面に光沢がある。

・ヘタは濃い緑色で元気に反っているものがおすすめ。

・種の周りが盛り上がってるくらい種が中に入り込んでるいちごがベスト

・大きいのもいいけれど、実は小さめのほうが果肉もしっかりしていて甘い。

上記のような条件を満たしていると甘いいちごに出会えます♪


ちなみにイチゴ狩りの必需品は

ウエットティッシュ

あると、手が汚れた時や口元を拭くときにも便利ですので

持って行くようにしましょう。

当たり前のことですが、

手拭き用のタオルやハンカチ・ティッシュもお忘れなく・・。

温室内は温かいですので温度調節できる服装と

手荷物はいちごを食べやすくするため

ショルダー系やリュック、小さめのものがおすすめです。

まとめ

奈良のイチゴ狩りはやっぱりあすかルビーですね♪

でも章姫やとちおとめもおいしいので、

食べ比べて見るのも楽しいかもしれません
(o´艸`o)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。