絶対に落ちれない国家試験。
本気の本気で挑んだけど国家試験に落ちた・・。
それからは不安の毎日・・。
でも!気持ちを切り替えることで次年度無事に合格することができました!
そんな大学4年生だった彼女のの国家試験に落ちた体験談です。

  

国家試験に落ちた・・・もう絶望

ピンク

今日は大学4年生の時に国家試験に落ちてしまったゆきさんに体験談をお聞きします!

20女性困る

こんにちは
私は超田舎に住む多趣味20代のゆきです・・。

私が悩んでいたのは国家試験に落ちた時です。
大学4年の2月に国家試験を受けました。

内定は決まっていたどうしてもうからなければいけない試験でした。

しかし、残念ながら落ちてしまい、何とか内定先の考慮により、嘱託職員として雇ってもらえましたが、社会人1年目で受験することになった2度目の試験。
そこで落ちてしまったらどうしようと深く悩みました・・・。

ピンク(汗)

うっ・・。
それはきつい・・(汗)
それでどうしたの??

20女性号泣

私が悩み対策で行った方法で上手くいかなかったのは、現実から目を背けることです。

他のことを考えて悩みから目を背けようと何度もしましたが、どうしても頭のどこかには国試のことがあり、悩み解決とはいきませんでした。

ピンク(汗)

あ~
考えないようにしようと思ったら余計に考えちゃうことあるよね。

20女性語る

そこで、私が悩みを解決した方法はプラス思考に考えることです!

落ちたときのことを考えるとどうしてもマイナス思考になってしまいますが、それをプラス思考に変えようとしました。

具体的には「もし、落ちても、それが何かのきっかけになり、新しいことを始めようとするためのチャンスになるかもしれない!落ちても大丈夫!」などといったことです。

このように落ちても違う未来が待っているという、「落ちた事」をプラス思考に考えることでずいぶん不安が軽減しました。

国家試験に落ちた・・。でも友人をみて・・!

ピンクにっこり

逆境の時こそプラス思考に考えて行動する。
うん、それも大切だよね!
でも、その考えに行く前に凹みっぱなしの人も多いと思うけどゆきさんはどうやってその考えに至ったの?

20女性普通

私がこのプラス思考に考えるに至ったのは、友人の影響だと思います。

その友人はこれまでにたくさん悲しい経験をしていますが、そのようなことを感じさせないように楽しそうに生活しています。

そこでなぜ暗くならないのかを訪ねた際に、これまでのことが全てこれからのための経験になっていると思っているからとの返事があり、そのプラス思考を自分も学ぼうと感じました。

私も少しでも気楽に生活したいと感じたので友人を見習ってそう生活してみました。

やはり心のどこかに不安や悩みがあるということはとても苦しかったです。

勉強にも集中できなく、このままでは本当に落ちてしまうととても悩みました。

こうもしてられないと感じ、落ちたときのことをあえて考え、楽しい未来をイメージすることにしました。

ピンク

友人ちゃんナイス・・!そして素敵♪
それで実際に実践して見てどうだった??

20女性にっこり

私がこの方法を実践してどうだったかというと、落ちるかもしれないという悩みが、落ちても楽しいことが待っているといったように気楽に考えることが出来ました。

そのおかげで、勉強に集中することが出来て結果的に合格することが出来たんです!
あの時にもし悩みまくっていたら、勉強に集中が出来なかったと感じます。
このように実践することで悩みを感じなくなたのは本当に友人のおかげです。

楽しい未来をイメージで不安を取りのぞき集中できた。
そのことで、現在に至っても自分の中の別の可能性を感じていることが大きな嬉しいことだと感じます。

そして何よりその悩みが、悩みではなくなり、集中できたことでつかんだ合格。
それが最大の嬉しいことです。

プラス思考に物事を捉えるというのは難しいですが、怒られた時などにも使える手法だと感じるので今後も役に立っていくと感じます。

ピンク

すばらしい!
そして壁を乗り越えての合格おめでとう~!

では、もしも昔の落ち込んでる自分に今声を掛けるとしたらどんな風に声をかけてあげたいですか?

20女性普通

今の私が昔の悩んでいる自分に伝えたい事はそこまで暗く悩まなくてもいいよということです。

あの時の自分は迫りくる現実にどう立ち向かえばいいのか、大学から学んできたことを諦めてしまう事への怖さ、せっかく働かせてもらえている職場で働けなくなるかもしれないといったような不安が浮かんできてました。

そのおかげで全く勉強に集中することが出来なくなってしまい、悩みが深くなっていました。
そこで気楽に考えて世界を広く見てほしいと伝えたいです。

また、この解決法をおすすめしたい人はやはり、自分と同じ境遇に立っている学生、受験生などです。

受からないといけないといった現実を少しでも気楽に考えることで楽しく勉強することが出来ます。

世界を広く捉えて楽しく受験に立ち向かってほしいです。

ピンクにっこり

ゆきさん!貴重な体験談をありがとうございました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
人には向き不向きはあるかもしれませんが、このようにポジティブに捉えるのも事態が好転するチャンスです。

もし同じように悩んでいる人がいたら、ぜひ、物事を少し客観的に考えてマイナスの方を向いたその先に見える楽しい未来をイメージしてみてください!

もし悩んでいることが現実になあっても楽しい未来が待っていると思うことでとても気持ちが楽になってきます!

これからたくさん悩むことがあると思いますが、プラス思考に考えることで楽しい生活が待っているとおもいます!

ぜひお試しあれ!