ぷちっと役立つプチ情報☆

子供の口内炎にはちみつは効くの?塗る頻度は?市販薬を使う場合の注意点

子供 口内炎 はちみつ

子供の口の中に口内炎がΣ(゚Д゚)

小児科ももう閉まっているし、どうしよう?

そんな時家にあるはちみつってどうなの?

実は蜂蜜にはちゃんとした理由がありました。

その理由と塗り方、頻度をご紹介します。

スポンサードリンク

子供の口内炎にはちみつは塗って大丈夫?

はちみつには鎮痛効果や炎症を抑える効果があり、

これは医学的にきちんと認められています。

サウジアラビア国立サルマン・ビン・アブドゥルアジーズ大学の研究者は、

このハチミツの効果が口内炎にどの程度及ぶかを試してみて

ステロイド系軟膏よりも早く口内炎が

小さくなったという一定の結果が得られたそうです。

1歳になるまでは子供にはちみつをあたえてはいけませんので、

口内炎に塗る場合も1歳未満のお子さんには使わないようにして下さい



また、民間療法としてはちみつの他に

塩や梅干しといったものを使う場合もあります。

塩の場合は

コップ1杯のぬるま湯に塩を

小さじスプーン1杯ほど(5~10g)を入れて溶かし

うがいをします。


梅干しの場合は市販薬のパッチ薬の代わりに、

梅干しの皮の部分に少し果肉の着いた部分を口内炎に

かぶせて殺菌する方法です。



しかし、これらはちいさなお子さんには塩辛くて

嫌がられるかもしれませんね(;´∀`)

口内炎にはちみつを塗る頻度は?

口内炎にはちみつを塗りかたを説明します。

まず清潔な脱脂綿や綿棒を用意します。

そして、水を含ませた清潔な脱脂綿や

綿棒で口内炎の患部を綺麗に拭き

そこにはちみつを塗りつけます。

塗る回数は、毎食後です。

場所によっては、お子さんが舐めてしまう可能性もありますので

こまめに見てあげるようにしてあげて下さい。


スポンサードリンク

子供の口内炎に市販薬を使う場合の注意点

はちみつは殺菌効果があることは証明されていますが

治るには1週間ほど掛かるようです。

なので、市販薬でどうにかならないか?

という事も考えるかもしれません。


子供にも使える口内炎の軟膏で有名なのは

「ケロナグ」という商品です。

しかしこれはステロイド入りですので

普通の口内炎でない場合は注意が必要です。


口内炎が普通の口内炎ではなく

ウイルス性の他の菌が原因で口内炎ができていた場合には

症状を悪化させる場合があります。

ですので、

市販薬を使う場合で、新たに購入する場合は薬剤師さんに相談するか、

使用後に症状が悪化した場合には、速やかに病院に行くようにしましょう。



私はこどもが口内炎かと思ってたら手足口病だった!

って事が有りました。(;´・ω・)

手足口病は手や足にも最初は、ぽつっと1粒からでも湿疹が出ますので

注意してあげてくださいね。

まとめ

無闇に薬を使いたくない時や、

病院が開いていない!というときなど

民間療法をしっておけば口内炎を

そのまま放置するよりは、はちみつを塗ってあげるほうが

確実に治りは早くなります。

しかし、いつまでたっても治らない場合や

症状がよくならない場合は

他の病気からの口内炎とも考えられますので

その時は速やかに病院を受診するようにして下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お問い合わせ