気が付けば子供ももう中学生。

さすがに6年前の小学校入学式のスーツはサイズも合わないし、ちょっと若すぎるかも・・?

中学ってどんな感じなんだろう?そんな悩みをお持ちの方、
私の体験談をご参考までにどうぞ^^

ちなみに入学式に役立つプチ裏技も紹介しています。

中学校の入学式って母はスーツ?着物?

3人子供を持つ40代の母です。

卒業式や卒園式は大概着物でして、入学式はスーツでと決めております。

入学式の方は車を運転していかなければなりませんでしたので・・。

入学式に来ていくスーツは上衣はチャコールグレイのフラットカラーで首元までボタンが閉じるものです。

スカート丈はひざ下15センチで左側にひだをとった20センチほどのスリットがある、色こそ地味なもののちょっとだけ形の変わったスーツです。

これにグッチのパンプスと、一見しただけではグッチとはわからないステンレスのようなつやのあるグレーのハンドバックを持ちます。

これにアクセサリーはパールのネックレスと一粒タイプのおそろいのパールのイヤリングをします。

ここでチェックポイント☆

その時の気候にもよりますが、体育館は寒いです!

なので、かならずシルクの大判のスカーフを持ちます。

これにホッカイロをひとつ貼り付けてひざ掛けにします。

これはママ友に教わったのですが、これがスカーフ一枚なのに本当に温かいのです。

このスーツのスカートは立っているとただのロングスカートですが、歩いたり座ったりするとひざ上まで少しめくれ上がるのでこのスカーフは必需品でもあるのです。

寒い体育館でも温かく乗り切れ、なおかつ少しお上品に見える裏技です^^

ちなみに小学校の時の子供の服装は、

男の子は濃紺のチルデンセーターにyシャツとズボン、コインローファー。

女の子はブレザーにワインカラーベースのタータンチェックのプリーツスカートとローファー、リボンではなくてネクタイでした。

中学、高校は制服にコインローファーです。

大きくなったなぁと感慨深いです・・。

中学校入学式の服装で母親がより多く着ていたのは・・

周りの方も同じような感じですが、

男性は普段のお勤めに来ておられるようなダークスーツ、

女性は幼稚園や小学校くらいまでは明るい色で無地のかたがおおく、スカート丈も結構短めだったりします。

アクセサリーではコサージュの方がどんどん少なくなっていっているようです。

中学高校などに上がると細かい千鳥格子やモノトーンの組み合わせのスタンダードな長さのスカートのスーツが増え、アクセサリーもパールのネックレスくらいでそれも付けていない方が多いようです。


中学校入学式で着物の割合は実は

着物を着てくる方は一クラスに一人かくらいで、100人いたら2~3人いるかなくらいです。

やはりスーツが無難といえば無難でしょうか。

ちなみに、私が来ているスーツはブランド物ではありませんがウール100%でかなり長く来ている割には古ぼけもせず、擦り切れたりもせず、ちょっとモードなところが気に入っています。

ネットオークションで当時たったの5000円でした。

ほかにはパールのネックレスは結婚した時に嫁入り道具だったもの、バックとパンプスはこれもネットオークションで合わせて15000円ほどだったと思います。

入学式にしか使いませんので、傷もあまりついていませんし手入れすれば長く使えるのでいい買い物でした。

まとめ

基本的に中学校の入学式の保護者の服装はスーツ姿の方が多い感じで、小学校の時とは違い落ち着いた色のスーツが多い印象でした。

晴れの中学校の入学式、

体育館でじっと座ってるだけだと本当に寒いですので、スカーフ+ホッカイロの裏技で寒さをしのいでみて下さいね^^