ぷちっと役立つプチ情報☆

ポッコリお腹の原因と解消法!簡単な解消法教えます


ぽっこりお腹の原因は一体何なのでしょうか?
実はポッコリとお腹が出ている原因のひとつには、内臓下垂があります。

内臓は筋肉に支えられて、本来の位置におさまっています。

でも体内の筋肉が衰えてくると、だんだんと内蔵が本来の位置から下がってしまうことになります。
内蔵が下がると腸が押しつぶされて炎症を起こし、下腹が出るようになります。
腸が押されている状態では、血行が悪くなるし代謝も落ちます。

 

また便秘もポッコリお腹の原因になります。

 

特に3日以上の便秘のせいで腸内にガスが溜まり、毒素が発生しているとポッコリお腹になりがちです。

 

体内に老廃物が溜まっていると、やはり代謝が悪くなり、脂肪がつきやすい身体になっていきます。
美容にもよくありません。
お通じが悪い、残便感がある、おならが臭い、などに当てはまるなら要注意です。

 

毎日の生活習慣をなおすことで、ポッコリお腹を改善していくことができます。

 

いきなりの改善はできないけれど、長い間の習慣にしてつづけていくことで、健康に過ごすことができます。

ポッコリお腹の解消法!食事ではどうする?


便秘が原因でポッコリお腹になっている場合、食事内容を見直すとかなり改善されます。
特に食物繊維が豊富なメニューを作ってしっかりと噛んで食べるようにしましょう。

 

食物繊維には2種類あって、不溶性食物繊維と、水溶性食物繊維があります。
不溶性食物繊維は、野菜や豆類、穀類に含まれています。

 

体内では水分を吸収してふくらみ、腸の働きを活発にして、排便をスムーズにする働きをもっています。
水溶性食物繊維は、海藻やこんにゃく、寒天、果物に含まれています。

 

便を柔らかくして便秘を防いでくれる効果があります。

 

2つの食物繊維をバランスよくとることで、体内に老廃物をため込まずに排泄することができます。
理想としては不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を、2:1の割合で食べるといいですね。

 

また温かいスープやお茶もおすすめです。

 

身体を冷やさないように、冷たい飲み物や食べ物はできるだけ控えましょう。

 

毎日の食事でしっかりと食物繊維を取ることで、すっきりとした体内にすることができます。

スポンサードリンク

 

ポッコリお腹の解消法で腹筋は効果ある?


適度な運動は健康には欠かせません。
運動不足も便秘につながります。
運動を行うことで適度な筋肉を維持していくことができます。

 

人間は排便するときに、腹筋を使っています。
また腸の周りの筋肉を使うことで、腸の働きが活発になります。
腹筋を鍛えることも、便秘やポッコリお腹の解消には役に立ちます。

便秘解消が目的なら、腹筋を意識しながら腹筋運動をするといいですね。

 

回数は1セットあたり15~20回くらい繰り返すといいですね。
慣れてきたら、2~3セット行うといいでしょう。

 

内臓下垂の場合は、一般的な腹筋よりも、腹横筋を鍛えるストレッチを行う方がおすすめです。
インナーマッスルを鍛えるほうが、内臓下垂の改善には効果的です。

 

ストレッチやトレーニングは、継続していくことで効果が出てきます。
あまり急な変化を期待せずに、気長に続けていきましょう。

 

また無理に行うのではなく、正しいフォームで行いましょう。
「今は腹筋を鍛えているんだ」と意識して行うと、効果的です。

 

でもどうしても運動できない時のポッコリお腹の解消法


ぽっこりお腹の解消法救世主として今注目されている商品があります。
またポッコリお腹の他にも

・お腹まわりの脂肪が気になる
・もっと効果的に運動したい
・下腹部の冷えで苦労している
・運動だけで脂肪がとれずらい

なんて方にも最適。
それは温熱ダイエットパッチといって貼るだけで脂肪の燃焼を助けてくれるというもの。

8時間持続温熱効果で代謝量を増やし、脂肪分解を促します。

美容大国の韓国で話題沸騰中で特許もとっていて安心の商品と人気です。

 

運動したくても時間がとれない、育児や仕事に追われている・・
そんな時服の下にもはれるこのダイエットパッチは中々お役立ちです。

 

ぽっこりお腹に悩んでる方は一度試して見てはいかがでしょうか。

>>>温熱ダイエットパッチ詳細はこちら

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お問い合わせ