目が痛い
何だかデスクワークをしていたら

目が痛いし、吐き気もしてくるし頭痛もする・・。

そんな時ありませんか?

それって原因はあれだと思います。

病院に行く場合と自宅でできるセルフケアを紹介します。

目が痛いし吐き気と頭痛がする・・これって何?

目が痛いし吐き気と頭痛がする場合、

次の項目に当てはまるかチェックしてみましょう。

眼の症状

・目が疲れる

・目がぼんやり霞む

・目が何だか痛い

・目が充血している

・まぶたが重たい

・目がしょぼしょぼする

・何だか眩しく感じる

・涙がよく出る

体の症状

・肩こりがある

・なんだか倦怠感がある

・頭痛がする

・めまいがある

・吐き気がする

上記の項目にいくつか当てはまる場合、その原因は

眼精疲労

です。

眼精疲労によるめまいや吐き気は身体が悲鳴を上げているサイン

視覚の異常を脳が受け取ると「視性めまい」を引き起こしたりします。

眼精疲労が慢性化すると血液の流れが悪くなり、

ふらつきなどめまいを誘発しやすくなります。

眼精疲労や吐き気は何科?

眼精疲労が現れる要因としては

    • 目に何科病気が起きている場合

ドライアイや近視・乱視・老眼・矯正不良

緑内障・白内障など目にトラブルが起きている可能性があります。

    • 体の病気が目に現れている場合

風邪やインフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症

虫歯や歯周病、耳や鼻の病気など目意外に

症状が出ている場合もあります。

    • 目の使いすぎの場合

パソコンやスマートフォン、過度なデスクワークなど

目を酷使しているのが原因です。

    • 精神的なストレスの場合

職場や人間関係など、人は様々なストレスを受けます。

精神的にストレスに参っているのが原因です。

おおまかに上記のような原因になります。

また、眼精疲労は疲れ目とよく混同されます。

しかし、この2つの大きな違いがあります。

疲れ目は、一晩寝ると症状が改善されていることが多いですが、

眼精疲労はぐっすり眠っても症状が改善されません

しかし、疲れ目を放置しておくとそのまま眼精疲労になる可能性が

高いので、目がつかれたと感じた時には目を休めるようにして下さい。

早い段階で目を回復させることが大切になります。

 

病院に行く場合何科に掛かるか悩むところですが、

目の症状以外に明らかに風邪やインフルエンザ等

体の病気が目に現れている場合は、その体の病気が回復すれば

眼精疲労もなくなる事もありますのでまずは内科など、

身体的な症状を回復させることを優先しましょう。

風邪など内科的な要因がない場合は、目に関する病気が関係ないかも

調べるため、眼科へかかりましょう。

特に病気がなければ目の使いすぎが主な原因とも言えます。

また、メガネやコンタクト等、視力を矯正している人は、

度数がきちんとあっているか調べましょう。

長年変えていないと、目に合わなくて眼精疲労を起こしている場合も有ります。

眼精疲労や吐き気に効くツボ

眼精疲労による吐き気は主にストレスのサインとも言います。

長時間のパソコン作業に、過度なデスクワーク、複雑な人間関係

職場の環境等、ストレスにより血の巡りが悪くなって

自律神経も乱れ、肩こりや不眠、吐き気など感じることもあります。

なので、

なるべく手が空いた時など、疲れているなと感じたら

ツボ押しなどをして眼精疲労の軽減を図りましょう。

【お手軽なツボ押し】


眼精疲労

ツボの名前 ツボの場所 押し方
晴明 赤:左右の目の目頭から少し鼻よりのくぼみのところ 親指を当てゆっくり押しながら小さな円を描くように10~15回押します
魚腰 青:眉の中央に少し下 親指を当てゆっくり押しながら小さな円を描くように10~15回押します
瞳子りょう 黄:目尻のさらに指1本分外側 中指を当てゆっくり押しながら小さな円を描くように10~15回押します
四白 綠:瞳の中心の真下指一本のところ 人差し指を当てゆっくり押しながら小さな円を描くように10~15回押します
太陽 紫:こめかみから目尻に、少しくぼんでいるところ 中指を当てゆっくり押しながら小さな円を描くように10~15回押します

※痛いけど気持ちが良いくらいの強さで押しましょう

また、ツボ押しでは無いですが、温めたタオルを目に当てて休めるのも効果的です。

まとめ

眼精疲労は様々な要因で起こりますが、

一番の原因は目を酷使していることです。

内科的問題が無いのであれば、

目の休養を取ることを心がけて

疲労回復させてくださいね。